沿革

城中電鉄の歴史


城中軌道の設立

1923年、城中市に城中電鉄の前身である「城中軌道株式会社」が設立される。
当初は市営というのも考えられたが、城中市単体では経営が立ち行かなくなると判断されたようだ。
そのため、「城中軌道」という会社を設立し城中市と民間との合同出資、いわゆる第三セクター方式という形を取った。

開業当初は「本線」として御宿~唐熊橋と「海岸線」の唐熊橋~鐘ヶ浜の2路線であった。
その他にも数路線が1930年代までに誕生し、城中市は「路面電車のまち」として有名になる。

太平洋戦争の悲劇

城下町・城中市を走るチンチン電車こと城中軌道に悲劇が訪れる。
勅令第835号・金属類回収令(1941年、勅令835号)である。これは、武器生産に必要な金属資源の不足を補うことを目的に公布されたものであり、政府の命令により線路を撤去されるというものである。
城中軌道も例外ではなく、1944年に軍需工場のある秦原への本線、および海岸線を除き線路が撤去されてしまったのである。
なぜ海岸線が残ったのかは未だ謎であるが、一説によると海岸線沿線には城中の有力者の家があったからではないか、と言われている。

城中と宮代のインターバン構想

1945年11月、戦争が終わると本線と海岸線を統合することとなった。
これは、宮代町(現:窪川市宮代地区)と城中を結ぶインターバン構想によるものであり、乗り換えをスムーズに行う事を目的とした。だが、戦争で疲弊しきった時代である。物資も不足しているなかでは統合が精一杯で、車両の新造も行えず、古い車両がガタガタ言いながら走っていた。

1952年、インターバン構想が具現化するときが遂に訪れる。
城中軌道は今までの軌道法から鉄道事業法へと変更し、城中市は経営から退き純粋な民間企業となった。
と、同時に「城中電鉄」に名称を変更し運行を開始する(600V直流電化)。
また、御宿以北延伸工事を開始する。

1955年、全線開業。同時に600Vから1500Vに昇圧。

特急列車の導入

1964年は日本の鉄道にとって非常に重要な年となった。東京オリンピックに合わせて10月1日に東海道新幹線が開通。高速度運転が活気付いた。
当時は高度経済成長の真っ最中であり、「速いことはいいことだ」と言わんばかりの時代であった。
当然、城中電鉄でも特急列車の運行が検討されることとなり、1966年に城中電鉄初の特急列車300形が運行を開始した。

オイルショックによる追い風

1973年、オイルショックが発生すると、今まで車に頼っていた人がガソリンの使用を控えるようになったため、城電を利用する人が多くなった。
特に朝の通勤ラッシュは凄まじいものがあり、乗車率250%は当たり前の光景となり、積み残しが出ざるを得なくなってしまう。
通勤用車両は、2両編成の100形と200形があったが、多くの乗客を捌くのに限度があった。
そのため、車体長19m級の4ドアの車両を新たに新造し、これを通勤ラッシュの時間帯に入れることによって多くの乗客を捌けるようになった。

  • 最終更新:2011-06-24 18:06:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード