100形

100形~湘南顔のイカしたクルマ~

城電100形.jpg

1952年、城中軌道は新しく城中電鉄に名称を変更し、軌道法から鉄道事業法へと変更されました。
当時は単行のチンチン電車が市内を走っていた状況でした。当時より宮代とのインターバン構想があった城電では、鉄道事業法に変更したほうが良い」という意見がありました。
というのも、軌道運転規則によると「車両を連結して運転するときは、連結した車両の全長を三十メートル以内としなければならない。」と定められており、また、「車両の運転速度は、動力制動機を備えたものにあつては、最高速度は毎時四十キロメートル以下、平均速度は毎時三十キロメートル以下」という条文もあるので、路面電車がああいう形態になってしまうのもある意味当然と言えます。
そこで、軌道法から鉄道事業法に変更する事によって柔軟な運用が出来るというのは大きな利点になると考え、変更しました。

さて、「電車とは」と考えた際に、当時の標準的な「湘南窓」を採用する事に決定しました。「見た目から入り、親しみを持ってもらう」というのは実は重要なのです。
ライトも当時の標準型である白熱電球1灯を採用しています。
カラーは城中軌道時代より親しまれていたクリーム色と赤色のツートンカラーを採用し、これが現在に受け継がれています。

製造場所は川崎車輌(現:川崎重工業車両カンパニー)。
車体は18mで、1M1T編成。
主電動機は東洋電機。出力は110kW、駆動方式は吊り掛けを採用。

設計上の最高速度は100km/hですが、営業最高速度は80km/hになっていました。
1955年には600Vから1500Vへ昇圧を行っています。

100形が登場した当初、城中市では驚きを持って迎え入れられました。何しろ、同じ場所を同じ色をした電車がビュンビュン走っているのですから。

末期は日中の運用に充てられていました。
1987年より600形に置き換えられ、1991年に全廃されました。

  • 最終更新:2011-06-28 23:11:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード