300形(初代)

300形(初代)~これが私のフラッグシップトレイン~


城電300形.png

300形は1966年に登場した特急用車両です。
それまで城中電鉄では特急は走っていなかったのですが、1964年に東京オリンピックが開催されたあたりから高度経済成長が始まり、「速いことはいいことだ」という風潮が高まってきました。

高度経済成長に合わせて自家用車の普及が広がるにつれて、城電では利用者が減ることを危惧していました。乗用車というのは電車と違って、目的地にドアtoドアでいけるという大きな利点があります。いくら車は渋滞に巻き込まれたからといっても、それを補って余りある魅力があるのです。
また、特に通勤電車はラッシュ時においてはラッシュという概念があります。車ならば座って行けるものを、通勤電車では満員電車で座れない、という可能性もあります。

そこで、1966年、城中電鉄では1966年にビジネス用途での使用も可能とすることができる特急列車を製造することになりました。それが300形です。
乗車駅で座席着席券を購入することによって、必ず席に座ることができることを主眼に置きました。そのため、設備や走行機器においては大幅に見切っています。

設備面では、ビジネス用の仕様のため特別な設備はありませんが、先頭車両に公衆電話が置かれています。トイレは20分程度の乗車ならば必要はないとされたため設置していません。
客室の座席はベージュ色の座席の転換クロスシートを使用しており、座席間隔は900mmと一般的な転換式クロスシートと同様の間隔となっています。

前面のガラスは曲面ガラスを用いていますが、窓の傾斜をやめて形を単純化して工賃を抑えています。
走行機器は同時期に製造された200形とほぼ共通しており、駆動方式は中空軸並行カルダン方式、主電動機は110kW×4のままで、起動加速度は2.0km/h/s、歯車比を4.21と低く抑えていますが、特急用に限定された車両なので、低速性能は高くなくてもよいのです。

このように、大手私鉄のような豪華な設備ではないものの、クロスシートの特急用車両ということで、300形は城電のフラッグシップトレインとして君臨しました。また、「カププラプラレール」にも登場しました。
しかし、老朽化が激しくなってきたこともあり、1996年より順次新300形に置き換えられ、残る1編成も2011年6月に引退しました。

  • 最終更新:2011-08-15 23:25:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード