700形

700形~経済編成が可能になったクルマ~


城電700形.png

 700形は、老朽化してきた200形を置き換えるために2002年に製造された車両です。1999年に城電の役員会において「21世紀における城中電鉄の役割についての取組」が採択され、2001年を目途として新しい車両を導入することが決定されました。

 この車両のコンセプトは「経済編成」を作ることでした。3両編成での城電では、本当ならば1M2Tという編成も考えらるわけですが、駅間が最短で800mという路線の城電では、加減速を頻繁に行う必要がありどうしても許容できなかったのです。1M2Tにすると経済編成になりますが、どうしてもM車が少ないため、加減速性能が落ちます。経済編成と加減速性能の両立を考えるならば、1M2Tは許容できません。しかし、「以前ならば」3両編成での城電でのMT比はオールM、2M1T、1M2Tの3通りしか考えられませんでした。2両編成を基本としてT車を連結し1M2Tにするという考えもあるのですが、ラッシュ時以外にはT車が車庫で昼寝をすることになってしまうため、この案は却下されました。
 そう、「以前ならば」そのような制約があったのです。今までの電動機では必ずM車には4個搭載しなければならかったのですが、VVVF車ではそのような制約もなくなりました。そこで、2両のM車の一方の電動機を2個に減らすことにしました。これならばMT比を1:1にすることができます(1M1Tで「経済編成」というのもどうかと思いますが…)。ともかく、100形以来のMT比1:1の車両が誕生しました。

 次に、車両を軽くすることによってモータにかかる負荷を減らせないか、と考えられました。600形で初めて取り入れられたステンレス車により今までの鋼製車両よりも重量を減らすことに成功したのですが、それだけでは重さを少なくすることはできないと考え、今までの製造元である川崎車両に相談しました。すると、日本車両が設計した工法である、「日車式ブロック工法」という、側窓とドア上にわたる長い幕板を廃止し、構体のドア部分とそれ以外の部分を別々のブロックとして製作して結合するという工法ならば低コストで軽量の車両が作れるという話を聞き、「これならば」と考え導入することとなりました。これにより、同じステンレス製の600形よりも80%近くも軽くすることができるようになりました。主電動機の出力は600形と同じ160kWで効率的な運転が出来ることになりました。窓は固定窓を採用することにより、軽量化の車体で強度を上げることに寄与しています。本当ならば大型1枚窓がよいのでしょうが、3ドアという性質上、どうしても見栄えが悪くなります。そこため、小+大+小で構成することになりました。
 また、この車両より初めて側面の行き先表示機と車内にLEDを採用しています。ただし、車内放送は原則として車掌が行うことになっています。

 ただし、制御装置がGTO-VVVFからIGBT-VVVF、ギア比が600形の7.07では高速域では幾許か辛いため(それでも城電の営業最高速度である100km/hならば7.07でもいいという考えもありますが)、6.31に落としたことを除けば600形と変わっていません。台車は200形のミンデン式をそのまま流用しています。実はボルスタレス式を導入する案もあったようですが、使い慣れたものを使うことを選びました。新しい技術を導入することにより技術を退化させることもあるからです。運転台も200形を流用し、ツーハンドルでタッチパネルなしの従来のオーソドックスな運転台が採用されました。
 まぁ、口の悪い鉄道ファンからは、見た目だけを見て「標準車両じゃねえか」、「走ルンです」と口走りますが、そんなことはなく、よく考えられている車両なのではないでしょうか。

  • 最終更新:2011-08-25 18:19:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード