800形

800形~必要にして充分なクルマ~

城電800形.png

800形は、元々阪神電鉄8701・8801・8901形だったものです。
2009年に阪神電鉄8701・8801・8901形が廃車になるという話を聞いた城中電鉄の担当が阪神電鉄本社に出向き、「もし廃車するならウチ(城中電鉄)に譲渡してくれませんか」と掛け合ったそうです。

阪神側も「そのまま廃車するよりも、欲しいといってくれるところがおるというのは車両にとっても嬉しいやろ」と思ったようで、快く譲渡していただきました。

ただし、そのまま城電に入れることは出来ませんので改造を行う必要があります。
幸いにも、阪神8701・8801・8901形はTc - M - M'の3両ユニットを組めるため、3両編成を基本とする城電としては、8801形に運転台をつける改造のみで済みました。

設計上の最高速度は110km/hですが、普通車として使う分には充分です。
また、主電動機は東洋電機製造製 TDK-8140-Aを使用し、出力は130kW×4と、普通車として使用する分には問題ないと判断されました。歯車比は5.77と若干低いのですが、出力の大きさでカバーできると踏んだようです。

駆動装置は中空軸平行カルダン駆動方式、制御装置は抵抗制御を採用しており、どちらも城中電鉄では実績のあった方式のため、技術陣からも快く受け入れられました。昔の技術を生かすことが出来るというのはとても重要なことなのです。

さて、この800形ですがそもそも8701・8801・8901形自体が1編成しかありません。
しかし、たった1編成のために改造・塗装をしてしまう(「他のと一緒にやれば別に問題ないでしょ」と言っていたとかいないとか)城電は豪気だよなと感じさせますね。

編成表


  • 最終更新:2011-06-28 22:08:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード